スペイン・グラナダ4泊5日女子一人旅〜グラナダからコルドバに行ってみた〜②

未分類

皆さんこんにちは!
フランス・ボルドー に留学中のナツです!

グラナダからコルドバへの日帰り旅行の続きを書いていきます^ ^

メスキータのチケットを買う

かっこいい!!

メスキータって、いきなりドーンっと立ってるのかと思っていたんですが、このように壁で囲まれた大きなスペースがあって、そこにお庭とタワーと、マスクがあるんですね。

この周りには有名な花の小径roman bridgeアルカサルなど、見所が集中しています。

チケットを買うので壁の中に入ります。

壁に沿って何箇所か入り口がありました。
最初、有料かな?!とか思って入るのを渋ったのを覚えています笑

そんなこと全くなくて、内側のお庭では多くの人がくつろいでいました。

緑が生い茂っています。いい天気。
向こうにあるタワーも登ることができます。

いいお天気。

どこでチケット買うのさ〜

と思っていたら見つけました、こちらですね。
私が行った時は全然並びませんでした(3月)。

ただ、タワーの方は入場制限のようなものがあるらしいです。
私は昼頃に買いに行ったのですが、16時以降のチケットになると言われました。

そのあと16時前にタワーに登ろうとしたところ、やはりストップされました、、。
バスの時間などがあると思うので、チケットは早めに買いに行くといいかもしれません。

さらにメスキータのチケットですが、買うときに、今すぐ行く?と言われました。
うん、と言ったんですが、私は数時間空けてメスキータへ行きました、、。

そしたら、入場時にチケットのバーコード読み取りの時にうまくいかず、警備員さんに言われたのが、「このチケット12時半までだよ」と言うことでした、、、。

もう一枚買うの?!どうしよう!と思っていたら、怖そうな顔した警備員さん、私の腕を突いて「入りな」とジェスチャーでこっそり言ってくれました泣

てことで、チケット買うときには訪れる時間もよく確認したほうがいいと思います泣

roman bridge

すみません、日本語でどう書くのかわからないのでGoogleマップの英語のまま書きました笑

本当にメスキータからすぐ近く。

どこを訪れても橋の景色は興奮します。

手前にある門は、お金を払って上に登れるみたいでした。

向かって右側にはこのようなスペースがあります。
ここでも多くの人がくつろいでいました。パンなどを買ってここで済ませるのも良さそう。

橋渡る前に横から撮った写真。

渡る。

夜はライトアップしそうな感じがしますね。
石造りの可愛い橋です。

カラオーラの塔

橋を渡りきると現れるのがカラオーラの塔。

中も見学可なそう。

もともと橋を守るために作られたんですね〜
近くで見ると意外と大きくて、写真を撮るのも一苦労でした。

こちらサイドからの写真。

さっきまでいたところが薄っすら見える!いい眺め。

アルカサル

片道を戻って、向かって左方面に進みます。

ここもそうですが、南スペインはヤシの木が沢山あって、南の国にいるような気分になります。

昔王族の方々の住居だったそうですね。
コルドバに来る前にネットで調べて、ここの中庭がとても可愛いと聞きました。
またこの城壁を歩くのも楽しみにしていました。

が、私が来たのは月曜日
なんと月曜日はお休みでした、、、

まあ外壁だけでも良いとします。

上のギザギザが可愛らしいです。
このような城壁に囲まれてる系の建物、中がどうなってるのかな〜といつもワクワクします。

これを見ると、城壁都市っていうのは物凄いんだなと思いますね。あれだけの城壁をどうやって作ったのか、、
また今まで残ってるのもすごい。

そのあと、メスキータに行く前に少し散歩をしました。
細い道が沢山あるのです。

こちらの写真はおそらくシナゴークの入り口(たぶん)。
なぜたぶんかというと、シナゴークもまた月曜日はお休みだったのです、、。

ただ、ここで止まってガイドさんが説明をしているツアーの方々もいたので何かしら観光スポットらしかったです。

ブダペストのシナゴークを見てきたので、そこと比較できるかなと思っていたのですが、残念です。

近くに可愛いスペースがありました。

広場というよりは、周りの壁にお店が並んでいます。

この壁が可愛い!

これこそ私のコルドバのイメージでした。

メスキータへ向かいます。

道がどこも可愛い^ ^

お土産屋さんとバルがずらり。
メスキータの見学が終わったらバルで一休みしようと思います。

メスキータ

おお〜
これこれ、有名なやつ。

ただ、すごく広くてびっくりしました。
外は暑かったけど中はひんやり。

天井も高い。
いろんな建築様式?が混ざってるとは聞いてましたが確かに、、

キリスト教っぽい教会がいきなり。

同じに見えるところも、増築に増築を重ねていったのでさまざまな年代が混ざっているそう。

ちなみに

写真は 古い→新しい で3パターン貼りました。
確かに色の剥げ具合や床、天井の色などに差がある、、かな?

音声ガイドは日本語がな買ったのですが、パンフレットのようなものは日本語があったので、それを見ながら時間をかけてみたのですが、難しかったです。なんせ、広い、、
よく予習していくしかないのですかね?

あとは16時のタワーに登るまで、散歩しつつバルに寄りつつ、ゆっくりと過ごそうと思います。

この写真の通りにも多くのお店が並びます。
この左手側に、何本も細い道があって、そのうちの一つが花の小径につながります。
私は慣れるまで何回も間違いました笑

花の小径

可愛い!!!!!

着いてすぐにきた時は日陰でしたので、午後から夕方にかけていくとちょうど日が当たって可愛い写真が撮れると思います!

通りを進むと行き止まりです。
ただ、戻ってくる時の方が、奥に塔が見えて良かったです。

きゃわいいいい

さて、バル探しをします。
何個もバルがありますが、どこもタパス2ユーロからという印象でした。

私が来たのはここです。見た感じ水色っぽいお店でした。

tabernacle el capricho

住所: Calle Velázquez Bosco, 8, 14003 Córdoba, スペイン

このビールは名前がコルドバっぽいなあと思って店員さんに確認したところ、トラディッショナルだと言われました(本当?笑)
ビール3ユーロ
タパス2.5ユーロでした。

コスパはいいなあと思いましたよ!
タパスも、確かイベリコ豚のチョリソーだったと思うんですが、さすがスペインだけあってとても美味しかったです!

食べ終わると再び町歩き。

どこ見ても可愛いー!

最後のミッション、塔を登ります!

こーんな狭い階段を登って行きますよ〜

着いた!

と思って写真を撮っていると、

お兄さんが、ここからもっと上に行けるよ、と教えてくれました!泣
ちょうど階段から出て、反対側です。
確かに上へ登る階段がありました。

はい、到着です。

いい眺め〜

こう見ると、やっぱり壁が白いのが目立ちますね。こちらは川とは反対側。

これはメスキータですね、大きい〜

そんな感じで17時のバスに乗るために来る時と同じバスステーションに向かいます。

まとめ

今回は月曜日お休みのところがあってこれだけ暇する時間がなかったので、そうでない方はバスの時間をもう少し遅くするか、一泊してもいいかと思います!

私はメスキータ周辺しか回っていませんが、そちらのお土産屋さんはもちろん、バスターミナルとの間にあるところでショッピングも楽しめると思います。

総じて、太陽が素敵で可愛いが沢山詰まった素敵な街でした^ ^
イスラム感がとても新鮮で貴重な体験でした。

夏はきっと観光客が多いでしょうし、日差しがとても強いので、要注意です。
3月のコルドバ、なかなか良いと思いますよ^ ^

グラナダに到着すると、スーツケースを持った人たちが沢山いて、33番のバスに乗れるのか心配になります。

が、意外とこのバス本数が多いです。
二台続けて走っている時もあったので、心配しなくても大丈夫かと思います^ ^

明日はアルハンブラ宮殿とアルバイシンを歩き回る一日!楽しみです^ ^

ではまた!à bientôt !

コメント

タイトルとURLをコピーしました